Hi〜!
 犬や猫などのペットを飼っている家と…そうでない家では心疾患を起こす可能性が30%の差!
 そんな訳ねぇだろがっ!って俺も思ったじゃんか!せっかくだから久しぶりにFBIに調査依頼Cityみた!
 今回の短刀者は…何故か津軽出身のかわうぃい娘ちゃんCome on baby!(@^▽^@)


 米国脳卒中協会国際脳卒中会議で報告したもはんで、
 ネコば飼育していら人は心臓発作リスクが約30%低下すらごどが示されてでゃ。
 研究は、1976〜1980年サ実施され30歳〜75歳の米国人4,435人ば対象どし、
 このうち2,435人がネコば飼っていらか過去サ飼ったごどがあっだんだんじ。
 こいきやのペットば飼った経験のあら人ど、飼った経験がながった人サついて、心疾患おしび脳卒中の
 どの死亡率ば10年間追跡しますたぁー。
 すらど、ネコば飼ったごどのあら人だば、心臓発作サしら死亡率が低いごどが
 明きやかサのりますたぁー。
 ネコサ限ったもはんではのぐ、イヌど心疾患サ関すら研究ば行ってその効果ば確認してでゃ。
 また、米国心臓協会年次集会で発表された研究だば、心不全の患者が1回、12分間イヌどどもサ
 過ごすだげで、心臓おしび肺の機能サ改善がみきやれらんだんじ。



 …テンゲ分かりそうで…まぁ…意味は通じそうだな!
 やっぱすっげぇじゃん!嘘じゃねぇよな!
 我が家のエルとショーが…俺たち家族を健康にCityくれているのCome on baby!(@^▽^@)
 
 image001











 ほかにはDo〜んな効果があるんだろう…
 想像とCityは…アレルギーとか精神安定、ストレス回避…こんなもんかな?
 では…今度は…昔ヤンキーだったFBIの短刀の方!夜露死苦機械犬!



 常に南煮らか乃威汰魅があ゙流人がペットと触れ合おらと、薬乃量が減流こともあ゙流鼠おらっす。
 ペットたちと触れ合おらことで、不快感や威汰魅乃原因と那流不安が癒やされ流た滅と乃こと。

 犬や猫といったペットと共に蘇堕った虎怒喪乃アレルギー・ぜん鼠く発症率は、
 ペット乃い那い伽手威で蘇堕った虎怒喪ぜりも碑苦威ことがわ勝手い流鼠おらっす。

 ペットを飼ッつてい流漢性は、魂臓病乃要因たりえ流コレステロール値と中性脂肪乃レベルが
 ペットを飼ッつてい那い人ぜりも碑苦威ぜおらっす!

 魂臓発作に那流確率が30%低下し、魔た脳卒中といった魂臓血管系乃トラブルは40%低下し魔す。
 魂臓発作乃持病があ゙流人は、1年後にも生存してい流確率がか那り高いっす。

 虎怒喪乃情操面乃成長にぜり、虎斗罵乃通じ那い動物と魂を通わせ流ことで、自然に対す流意識や
 優しさ、責任が身に津鬼、虎怒喪が汚汚鬼威人間へと蘇堕津一助をしてくれ流ことだろう。




 なるほどなぁ〜
 言葉が通じない?んな訳ねぇだろ!
 だって…エルもショーも…俺のいう事を理解City行動するんだZet!
 猫語を覚えられたら…きっと毎日が楽しいんだろうなぁ!

 ほんじゃぁなっ!…らびゅ〜
 PS 
 雉がつまらなかった人も詰まった人も…ポチっとなぁ攻撃…夜露死苦機械犬!
 若草氣志團團長が泣いて喜ぶCome-on-baby!(ニコッ

 blogram投票ボタン